バレずにお金借りる

借金返済における行政書士の役割とは?お金借りすぎにご注意を

借金返済問題を解決するために、行政書士に依頼することが出来ます。ただし、行政書士は、裁判所などの官公庁に提出する書類を作成する仕事です。行政書士は、日本行政書士連合会に加入しなければなりません。日本行政書士連合会は、全国の都道府県の行政書士会で構成されています。行政書士会では、市役所や公民館などで、借金返済における無料相談会などを行っています。毎年10月には、行政書士制度強調月間があり、借金返済問題などの無料相談が全国一斉に行われます。けれども、行政書士は、借金返済に関する訴訟の代理を行うことは出来なくなっています。こうした制限が、弁護士とは違います。ただし、借金返済の債務整理の中で、特定調停に関しては、本人が主として申請するものなので、行政書士に任せることが出来ます。借金返済問題を特定調停で解決するには、特定調停を得意にしている行政書士に任せたいものです。そのためには、行政書士会の相談窓口に問い合わせると良いでしょう。また、こうした特定調停に関する行政書士の報酬は、行政書士によって違ってきます。こうしたことも含めて、借金返済問題を行政書士に依頼するには、行政書士会の無料相談窓口で相談してみると良いでしょう。

借金返済問題を依頼するときの注意

借金返済問題を解決する場合、弁護士や司法書士に相談し、その解決を依頼する場合、注意しなければならないのは、いわゆる「整理や」と手を結んだ悪徳弁護士、悪徳司法書士です。ただし、弁護士や司法書士は色々な宣伝広告や、ネットのホームページ上で宣伝がなされるので、その弁護士や司法書士が悪徳かどうかを見分けるのはとても難しいと言えます。もし、身近に借金返済に困って、弁護士なり、司法書士なりに債務整理を依頼して、成功した例があるなら、その人に紹介してもらうと良いでしょう。ただし、借金返済に困る人は、めったなことで打ち明けません。ほとんどが内緒にしたい人ばかりです。なかなか知り合いの紹介というのは、プライドもありますから難しいでしょう。借金返済問題に困ったら、ネットの弁護士や司法書士事務所のホームページを探すより、弁護士会や司法書士会に問い合わせるのが良いでしょう。弁護士会の連絡先は、ネットのホームページにて閲覧できます。借金返済に困っている人に、弁護士会や司法書士会が悪い弁護士や司法書士を紹介するわけには行きません。各都道府県に弁護士会や司法書士会があるので、借金返済に困ったら、自分の住んでいる都道府県の弁護士会や司法書士会に相談すると良いでしょう。

借金返済における司法書士の役割

借金返済の問題を解決するために、司法書士に依頼する場合があります。司法書士というのは、借金返済の書類だけでなく、色々な公式書類を作成する人のことです。司法書士は、弁護士と同じように、国民の権利を守るために活躍しています。そんな中で、司法書士が解決できる借金返済問題には、限界があります。司法書士の仕事の中には、裁判所や検察官に提出する書類の作成業務があります。ですから、借金返済の債務整理においては、裁判所に申し立てたり、その場合に色々な書類を揃えたりするために、仕事を司法書士に依頼出来ます。ただし、簡易裁判所において、訴訟の手続きの代理をするには、一般の司法書士がみんな出来る仕事ではありません。こうした、訴訟手続きの代理が出来るのは、簡裁代理権が認定された司法書士でなくてはいけません。この簡裁代理権が認定された司法書士なら、裁判所において、弁護士と同じ立場で仕事ができます。こうした認定制度によって、司法書士は、借金返済の債務整理の解決に深く係わることが出来るようになりました。司法書士は、日本司法書士会連合会に加入しています。そして、その地方組織として、司法書士会があります。借金返済を司法書士に任せる場合には、この司法書士会に問い合わせてみると良いでしょう。