バレずにお金借りる

お金借りる即日で|タカヒロ先生がそんな感じのサイトを検証する裏サイト

借金返済における支払い督促について

テレビドラマなどで、消費者金融からお金を借りて、借金返済が出来なくなると、ちょっと危ない人が自宅に何度も押しかけてくるという場面を見た人は多いでしょう。世の中には、お金を借りる機会は、テレビやラジオコマーシャルなどで流れているので、たくさんありますが、その借金返済になると問題は深刻になります。お金を借りる時には、借金返済計画を立て返すこと第一に考えなくてはなりません。そうでないと、支払い督促に怯えるといった悪循環が始まります。けれども、借金返済における支払い督促は、債権者が簡易裁判所に申し立てて初めて始まります。裁判所は、支払い督促の申し立てに対して、間違いがないか、書面で審査をしてお金を借りている債務者に支払い督促状を送ることになっています。支払い督促を受け取った債務者は、その督促の内容に間違いがないか確認し、もし、借金返済がきちんと行われている場合には、意義を申し立てることができます。支払い督促が届いてから2週間以内に、意義申し立て書を記入して裁判所に送ります。その後、訴訟になります。もしも、お金を借りているところが、ヤミ金融であれば、ヤミ金融は存在そのものが、法律に違反するものなので、訴訟では、借金返済はしなくても良いことになります。けれども、意義申し立て書を提出せずに放っておくと、強制執行を受けます。

借金返済問題における法テラス

借金返済に困ったら、どこへ行けばいいか、どの事務所に行って、そのような債務整理をすればいいかといった問題は誰でも持っているはずです。ただし、借金返済問題を解決する弁護士事務所や司法書士事務所は、インターネットや新聞や広告を載せ、情報が、ある意味では氾濫していると言えます。本当に信頼できる、借金返済問題を解決してくれる弁護士事務所や司法書士事務所を探すために、独立行政法人「日本司法支援センター」が設けられました。これは、法テラスと呼ばれています。法テラスでは、相談者が借金返済の問題に対して、どのような方法で解決していけばよいか、誰に相談すればいいか、などの情報提供を行っています。自分の借金返済に関するトラブルに対して、一番いい法律相談先を探してもらえます。さらに、法テラスでは、民事法律扶助業務と言って、法律の専門家に相談するお金がない人に対して、無料で法律相談を行ったり、また、借金返済問題の解決のために、裁判が必要な場合には、その費用を立て替えるという業務です。もちろん、この民事法律扶助が受けられる人には、一定の条件が必要となります。今までは、財団法人「法律扶助協会」が、民事法律扶助業務を行ってきましたが、平成18年からは法テラスが行うことになりました。

借金返済における弁護士の役割

借金返済に困ったら、弁護士に相談すると良いと考えられています。弁護士は、日本弁護士連合会という組織に入らなければなりません。その日本弁護士連合会の下にある、地方組織が弁護士会です。借金返済の債務整理を弁護士に依頼するには、自分の希望する債務整理をはっきりと示して相談することが大切です。一概に弁護士と言っても、自分の得意とする分野が弁護士一人一人によって違います。借金返済をしていく中で、自分が希望する個人民事再生や特定調停などを専門とする弁護士を探すには、弁護士会に相談すると良いでしょう。お金借りるそして、そのあとに、弁護士に借金返済問題を依頼する時には、それぞれの債務整理に合った報酬を支払わなくてはなりません。最近では、弁護士の報酬が自由化されたので、弁護士によって、また弁護士事務所によって報酬金額が違います。そこで、だいたい報酬の相場がどれくらいなのかを知るには、日本弁護士連合会のアンケートによる報酬統計を閲覧すると良いでしょう。借金返済問題を解決するには、弁護士と司法書士に相談することが必要ですが、弁護士の報酬の方が、司法書士の報酬より少し高くなっています。借金返済の債務整理を行っていく場合、司法書士には法的な限界がありますが、弁護士にはそういった限界がないために高くなっています。

更新履歴